新着情報

1990年代以降、東アジア諸国・地域では経済成長に成功した国から次々と出生率の極端な低下が発生し、その対策が21世紀の東アジア社会政策の中心課題の1つとなっている。なぜこの地域はここまで広範囲に「低出生率の罠」にはまっているのか。 様々なデータや事例から東アジアにおける低出生率の実態および対策を比較し、「社会のあり方」という視点からその含意と政策の方向性を考えてみたい。 本セミナーは大阪市立大学都市研究プラザ・先端的都市研究拠点「共同利用事業・共同研究公募」の助成を受けて実施するものである。 … [more read]
シンポジウム・研究会


Read more

DATE:2019-03-29

東アジアにおける「低出生率の罠」の実態およびその含意:日本・中国・韓国を中心に(第8回 都市行政ネットワークセミナー 兼 第8回 先端都市学講座)

1990年代以降、東アジア諸国・地域では経済成長に成功した国から次々と出生率の極端な低下が発生し、その対策が21世紀の東アジア社会政策の中心…

Read more

DATE:2019-03-17

第4回「おとあそび工房」公演振り返りの会

コミュニティ活動における表現と対話 おとあそび工房では、知的障害者を含む一般参加者と共に、一人一人の持つ表現の資源を生かし、即興性と創造性を…

Read more

DATE:2019-03-12

第17回都市文化研究フォーラム(タイ)

都市文化の課題についてアート、文化の観点から、タイ、日本、ノルウェイ、インドネシア、USAなど10ヶ国以上の研究者が集まって発表、議論する。…

Read more

DATE:2019-03-08

第17回都市研究フォーラム(インドネシア)

都市の課題についてアート、文化の観点から、インドネシア、日本の研究者が集まって発表、議論する。 日時:2018年3月8日(金) 場所:ガジャ…

copyright © 2005-2017 Osaka City University Urban Research Plaza. All Rights Reserved