シンポジウム・研究会
URP International Colloquium with Matthew D. Marr

Posted at : 2016-05-01


URP International Colloquium
Matthew D. Marr”Better Must Come: Exiting Homelessness in Two Global Cities”

マシュー・D・マー(フロリダ国際大学准教授、URP特別研究員)をお招きし、2015年の著書『Better Must Come: Exiting Homelessness in Two Global Cities』を紹介していただきます。講演では、日本(東京)とアメリカ(ロサンゼルス)におけるホームレス支援の現状と脱ホームレスの過程、そして両国の福祉制度や労働市場、住宅市場のあり方との関係についてお話しいただきます。

企画詳細
■日時:2016年5月25日 13:00~14:30
■場所:大阪市立大学都市研究プラザ 高原記念館1F
(https://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/contact/index.html)
■連絡先:コルナトウスキ・ヒェラルド(g-kornatowski [at] ur-plaza.osaka-cu.ac.jp)
■参加費:無料。準備の都合上、参加される方はなるべく事前に連絡ください。
※発表は英語ですが、質疑は日本語でも行います。
主催:大阪市立大学都市研究プラザ

URP International Colloquium
Matthew D. Marr”Better Must Come: Exiting Homelessness in Two Global Cities”

Matthew D. Marr (Florida International University, URP Special Research Fellow) will present his latest book on exit processes out of homelessness in Tokyo and Los Angeles. He will discuss related aid measures in both cities as well as structural factors concerning the labor market, housing and welfare governance.

Admission is free. The presentation will be held in English with discussion in Japanese and English.

Contact person: Geerhardt Kornatowski (g-kornatowski [at] ur-plaza.osaka-cu.ac.jp)

Date: 25 May(Wed.)2016, 13:00-14:30

Venue: URP Takahara Hall 1 (https://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/en/contact/index.html)