新着情報

本研究会は、都市研究プラザ特別研究員の自主的な研究企画として実施する研究会である。経済や社会のグローバル化が進展するなか、雇用構造の脆弱化・福祉の軟弱化・安定した住まいやコミュニティの形骸化が一層進んでおり、それらによる社会集団や特定の地域が社会的不利に陥りがちな傾向が危惧されている。そこで、本研究会は、「社会的包摂」を切り口として研究や実践活動にとりくんでいる、若手研究者の研究成果の実践現場への応用を検討し、新たな理論や実践モデルへの軟着陸を試みる機会とするとともに、「包摂型社会」の有り様を突 … [more read]
シンポジウム・研究会


Read more

DATE:2017-03-19

城山虎舞 in みんぱく

国立民族学博物館では、東日本大震災以降、被災地の有形・無形の民俗文化財への支援を継続しています。これまで4年間にわたって無形の民俗文化財であ…

Read more

DATE:2017-03-05

東アジア包摂型居住福祉実践に関する比較研究グループ:2016年度研究会兼日本居住福祉学会国際比較居住福祉セミナー

東アジア包摂型居住福祉実践に関する比較研究グループ:2016年度研究報告会 本研究グループは、類似した社会経済的な発展プロセスを経験する中で…

Read more

DATE:2017-02-21

スリヤサンキート ワークショップ vol.39 農村のポピュラー文化 ー北タイ、ナーン県の村からー

・アジア音楽文化の発信と普及 ・緩やかで豊かな音響空間の創出による市民の癒しとコミュニケーションの場の提供 ・アジアの文化を通しての関西地域…

Read more

DATE:2017-02-13

踊り研究会(第5期 第2回)

民俗芸能を通じた都市と農山村の交流について、より実践的に検討するため、奈良県十津川村の盆踊りに焦点をあて、その技芸の修得などを通じて、農山村…

copyright © 2005-2017 Osaka City University Urban Research Plaza. All Rights Reserved