Archives

2016年05月09日 / 第7回 包摂型社会研究会


テーマ 関係性の音楽:インクルーシブなコミュニティ創成に向けた知的障害者との即興表現を通して

概 要
本研究は、知的障害者と一般参加者とのコミュニティ創成に向けた活動から、インクルーシブな音楽表現の形態について考察するものである。音楽とは既に作られた自律的なものであるという捉え方は、様々な場面で音楽嫌いを生み出すなどの問題を生み出しているが、多様な人々の共存を模索するコミュニティ創成の場においては、技術や価値観の差異によらない音楽表現形態が求められる。本研究では、即興性に焦点を当てた創造的音楽活動「音遊びの会」と「おとあそび工房」の事例とともに「関係性の音楽」の概念提示を試みる。
報告者:沼田里衣(大阪市立大学都市研究プラザ博士研究員)

日時: 2016年4月25日(月)19時00分~21時00分

会場:大阪市立大学梅田サテライト108教室

※どなたでもご参加可能ですが、出席ご予定の方は事前に下記の担当者までご連絡ください。

研究会事務局担当 都市研究プラザ 特別研究員 掛川 直之 kakegawanaoyuki☆gmail.com(☆を@に置換してください)

本研究会は、都市研究プラザ特別研究員の自主的な研究企画として実施する研究会である。経済や社会のグローバル化が進展する中、雇用構造の脆弱化・福祉の軟弱化・安定した住まいやコミュニティの形骸化が一層進んでおり、それらによる社会集団や特定の地域が社会的不利に陥りがちな傾向が危惧されている。そこで、本研究会は、「社会的包摂」を切り口として研究や実践活動に取り組んでいる、若手研究者の研究成果の実践現場への応用を検討し、新たな理論や実践モデルへの軟着陸を試みる機会とするとともに、「包摂型社会」の有り様を突き詰めながら現代の都市社会に潜む社会的排除問題に立ち向かう、時代の最先端を切り拓く研究者の育成の場に資することを目的とする。

2016年05月01日 / 第8回 包摂型社会研究会


テーマ 在日外国人教育の課題と可能性 ─「本名を呼び名のる実践」の応用をめぐって─

概 要

薮田直子氏による関西圏P市における教育実践の参与観察等の報告をもとに議論を行う。 今回はエスニックコミュニティ研究会との共催。

報告者 薮田直子(大阪大学大学院人間科学科博士後期課程)

日 時  2016年5月30日(月)19時00分~21時00分

会 場 八尾市立安中人権コミュニティセンター
※どなたでもご参加可能ですが、出席ご予定の方は事前に下記の担当者までご連絡ください。

研究会事務局担当

都市研究プラザ 特別研究員 掛川 直之

kakegawanaoyuki☆gmail.com(☆を@に置換してください)
本研究会は、都市研究プラザ特別研究員の自主的な研究企画として実施する研究会である。経済や社会のグローバル化が進展する中、雇用構造の脆弱化・福祉の軟弱化・安定した住まいやコミュニティの形骸化が一層進んでおり、それらによる社会集団や特定の地域が社会的不利に陥りがちな傾向が危惧されている。そこで、本研究会は、「社会的包摂」を切り口として研究や実践活動に取り組んでいる、若手研究者の研究成果の実践現場への応用を検討し、新たな理論や実践モデルへの軟着陸を試みる機会とするとともに、「包摂型社会」の有り様を突き詰めながら現代の都市社会に潜む社会的排除問題に立ち向かう、時代の最先端を切り拓く研究者の育成の場に資することを目的とする。

2016年05月01日 / 藝術のすみか

あの日、ぼくは種をまいた ここに居るよと しらせるために」

あたり前のように耳にしている「ゲイジュツ」という言葉にスポットライトをあて、共通のテーマを感じる数人の作家と共に歴史ある登録有形文化財 豊崎長屋の主屋にて3日間の展覧会を開催致します。

伝統的な大阪の住宅が持つ可能性の一つとしてアートの舞台があり、かつ座敷空間それ自体が他の作品とコラボして作品となる得ることを実証し、その価値を広めることを目的とします。
企画詳細

■日時:2016年5月27日~29日 連日12:00~18:00
※28日15:00から参加作家によるギャラリートークとrepairによる小さな演奏会

■参加作家:黒田 武志、木鳥works、渡部 真由美、森 綾花、repair

■場所:豊崎長屋 母屋 大阪市北区豊崎1-1-3

■入場:無料

■主催:大阪市立大学都市研究プラザ豊崎プラザ&絵と音と言葉のユニット『repair』

■企画URL:https://www.facebook.com/events/225159984524300/

■問合せ:repair.tb [at] gmail.com

■ちらしのダウンロード20160527flyer

2016年05月01日 / URP International Colloquium with Matthew D. Marr

URP International Colloquium
Matthew D. Marr”Better Must Come: Exiting Homelessness in Two Global Cities”

マシュー・D・マー(フロリダ国際大学准教授、URP特別研究員)をお招きし、2015年の著書『Better Must Come: Exiting Homelessness in Two Global Cities』を紹介していただきます。講演では、日本(東京)とアメリカ(ロサンゼルス)におけるホームレス支援の現状と脱ホームレスの過程、そして両国の福祉制度や労働市場、住宅市場のあり方との関係についてお話しいただきます。
企画詳細
■日時:2016年5月25日 13:00~14:30
■場所:大阪市立大学都市研究プラザ 高原記念館1F
(https://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/contact/index.html)
■連絡先:コルナトウスキ・ヒェラルド(g-kornatowski [at] ur-plaza.osaka-cu.ac.jp)
■参加費:無料。準備の都合上、参加される方はなるべく事前に連絡ください。
※発表は英語ですが、質疑は日本語でも行います。
主催:大阪市立大学都市研究プラザ

URP International Colloquium
Matthew D. Marr”Better Must Come: Exiting Homelessness in Two Global Cities”

Matthew D. Marr (Florida International University, URP Special Research Fellow) will present his latest book on exit processes out of homelessness in Tokyo and Los Angeles. He will discuss related aid measures in both cities as well as structural factors concerning the labor market, housing and welfare governance.
Admission is free. The presentation will be held in English with discussion in Japanese and English.

Contact person: Geerhardt Kornatowski (g-kornatowski [at] ur-plaza.osaka-cu.ac.jp)

Date: 25 May(Wed.)2016, 13:00-14:30

Venue: URP Takahara Hall 1 (https://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/en/contact/index.html)

2016年05月01日 / 日中韓における貧困と社会政策

所得格差や貧困の拡大は、日本だけでなく、東アジア各国で見られる深刻な社会問題として認識されています。生活困窮者自立支援法の制定など日本でも制度改革が徐々に実行されているところですが、韓国では昨年公的扶助(生活保護)の抜本的な改革が行われ、中国でも2014年に新たな社会扶助制度が施行されました。

本シンポジウムでは、各国における第一線の研究者に現状を報告いただき、東アジア独自の社会政策のありかたをさぐります。基調講演では、上海における農民工の生活実態調査で知られる陳映芳氏にご報告をお願いします。
企画詳細

■日時:2016年6月4日

■場所:大阪市立大学梅田サテライト(大阪駅前第2ビル6F)文化交流センターホール

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/academics/institution/bunko

■主催:大阪市立大学都市研究プラザ、貧困研究会、韓国保健社会研究院、中国社会科学院

■問合せ:貧困研究会 関西部会(hinkonka [at] hotmail.co.jp)

■プログラムのダウンロード

「国際共同研究シンポジウム 日中韓における貧困と社会政策」プログラム

2016年04月04日 / City, Culture and Society (Volume 7, Issue 1)が発刊されました。

Volume 7, Issue 1, Pages 1-62 (March 2016)
詳しくはこちらをご覧ください

2016年04月01日 / 経済研究所文庫移管のお知らせ

いつも経済研究所文庫をご利用いただきありがとうございます。

かねてよりお知らせしておりましたように、平成28年4月1日をもって、経済研究所文庫は学術情報総合センターへ移管されました。

今後の利用受付は、学術情報総合センターが窓口となります。詳しい利用方法は学術情報総合センターのHPをご覧ください。

http://libweb.media.osaka-cu.ac.jp/?page_id=6388